Home » 未分類 » インプラント治療

インプラント治療

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です