Home » 未分類 » 生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時

出会いの場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。

それに、出会いした相手が出会いを認めない際は証拠が必要になります。

どの人から見てもはっきりとした出会いの証拠が必要です。

離婚ということになってもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、出会いの現場に乗り込むという方法もあります。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。

信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありません。

両方とも、出会い調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな同じような仕事内容です。

しかし、あえて言うと、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

自分でやみくもに動き回るよりは、出会い調査は探偵に頼みましょう。

探偵に依頼する方が、出会いの証拠を確実につかむことができます。

自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、パートナーが出会いしていることくらいはわかるでしょう。

でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と出会いを認めなければ、有利な条件での離婚はできないでしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、一般的には、調査員の人数と出会い調査の期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。

調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調べていったらいいと思います。

出会い調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つです。

実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。

短い期間で出会い調査を終えると請求額も少額となります。

30代アラサーの婚活は厳しいのか?婚活地獄からの脱出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です