Home » 未分類 » 費用すべてを現金で一度に支払えなくても

費用すべてを現金で一度に支払えなくても

割り切り出会い徳島県徳島市
入れ歯や差し歯にかわる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツをつくる歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ないでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをおもちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療をうけられなかったり、準備に時間がかかるかもしれないでしょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

費用すべてを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありないでしょう。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使ってつくられているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

各種のインプラント治療の問題点を各種の情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありないでしょう。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジとちがい、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です