Home » 未分類 » 磁気を当てて画像を作るのがMRI

磁気を当てて画像を作るのがMRI

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

石川県金沢市で人妻と割り切り出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です